痛くても走る?1000人以上のランナーに指導して感じたモチベーションが高すぎる人に伝えたいこと

『脚が痛い!』

でも

『休んだら今までの努力が水の泡になる・・・』

休んだ方が良いのは分かるけど、休むって難しいですよね。

  • もっと速く走りたい
  • もっとキレイに、カッコよく走りたい
  • 今掴んでいる『良い感覚』をキープしたい

調子がいい時、ランニングが楽しい時ならなおさらです。

しかし、痛いときは思い切って休みましょう。

これまで1000人以上のランナーに指導しましたが、モチベーションが高い人ほど休むことが難しいようです。

 

調子がいい時こそ要注意

ランナーが脚を痛めるのは、決まって調子がいい時です。(例外もありますが・・・)

  • このままどこまでも走れそう!
  • もっと速く走れそう!
  • この感覚を忘れたくない!

そんな時、ついつい『もう少しだけ』と走る距離を延ばしてしまいますよね。

ただの練習なのに、ラストスパートをかけてみたり・・・。

しかし、大抵そんな時に限って脚を痛めてしまうんです。

そして、

  • 調子に乗らなければ良かった・・・
  • あの時に戻りたい

そう思っても後の祭りです。

故障の原因は

後になってみないと分からないことですが、確かにあなたはあの時無理をしていたのです。

『まだイケる気がしたんだけど・・・』

でも、身体は悲鳴を上げていました。

原因は、身体があなたのスピードに耐えられなかったからです。

スピードを出せる身体、耐えられる身体

あなたは、確かにスピードを出せる身体になりました。

日頃の練習の賜物です。

しかし、スピードを出せるからと言って、そのスピードに耐えられる身体になっているとは限りません。

だから、トレーニングは段階を踏んで上げていかなくてはいけないのです。

単発ではなくコツコツ

一回の練習をとことんやり切ることは、確かに気分が良いものです。

しかし、はやる気持ちを抑えることはそれ以上に大切です。

無理をしないことで得られるメリット

  • 故障のリスクが低くなる。
  • 継続するとスピードに耐えられる身体ができる。

マラソン世界記録保持者のキプチョゲ選手も、大事なレース以外では無理をしません。『継続的にトレーニングすることが最も重要だ』と言っています。

万が一故障してしまったら『すぐに休む!』

どれだけ気を付けていても、しっかりケアをしていても、人間ですから故障することもあります。

故障をしてしまったら、仕方がありません。

すぐに休みましょう。

走りたい気持ちを抑えて

故障する前は、きっと調子が良かったのでしょう。

故障してしまったあとの気持ちは、痛い程よくわかります。

故障したときの気持ち

  • せっかくいい感じで走れていたのに
  • 休んだら今までやってきたことが無駄になる
  • レースまで時間がないから休めない

こんな気持ちを抱えたまま、休むことは苦しい事です。

しかし、そこはぐっとこらえて休みましょう。

次はもっと上手くやれる

安心して下さい。

軽症のうちに休むメリットは3つあります。

軽症のうちに休むことで得られる3つのメリット

  • 回復が早い
  • 取り戻すのに時間がかからない
  • 休むと元気になる

数日、場合によっては数週間の休養期間が必要かもしれません。

しかし、今度はもっと上手くやれます。

これまで身に着けて来たことは、身体が覚えていますから、取り戻すのに時間はかかりません。

最短で復活を遂げるためにも、まずは元気な身体に戻さないといけませんね!

 

軽症のうちに休まないと・・・3つのデメリット

  • 回復が遅くなる
  • フォームが崩れる
  • 再発しやすくなる

痛みを抱えたまま走り続けているランナーの多くは、フォームを乱しています。

一度ついてしまった悪い癖は、走りながら修正することが困難です。

痛くなったら、すぐ休んだ方が後々絶対に良いです。

損切りという考え方

投資の世界には、『損切り』という言葉があります。

損切り:損失を最小限に食い止めるために決済すること。ロスカットとも言う。

損切りできない投資家は、いつか好転することを願って決済しないままやり過ごします。

1度や2度助かることもありますが、多くの場合取り返しのつかない損失を抱えてしまうのです。

ランナーも損切りが大事!

これは、ランナーにも当てはまりますね。

『これくらい大丈夫!』

と思って走り続けていたら、重症を負ってしまって結果長期療養なんてことに・・・

そうならないためにも、早めの決断が大事です。

痛みを感じたらすぐに『損切り』をして、回復したらまた走り出しましょう。

まとめ

以上

  1. 調子がいい時こそ要注意
  2. 万が一故障してしまったら『すぐに休む!』
  3. 損切りという考え方

と言う内容で、お話させて頂きました。

多少の痛みでも『走り続けたい』と思うのは、もちろんモチベーションが高いからです。

これまで1000人以上のランナーに指導してきたので、痛い程よくわかります。

しかし、時としてモチベーションが高すぎることが、悪い結果を招くことをお分かり頂けたと思います。

マラソンを楽しく長く継続するためにも、『痛くなったらすぐ休む!』を守ってくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。