フルマラソン練習がダルい、やる気がない人でもできるゆる~い練習の提案

初心者ランナー向け

フルマラソンに挑戦するものの、練習がダルかったりやる気がでなかったりしませんか?そんな気分のときに無理して練習しても疲れるだけです。そんなときは無理なくできるゆる~い練習をおすすめします。

この記事では、誰でも・無理なく・簡単にできるゆる~い練習を3つの項目に分けて紹介します。

  • ゆる~い練習とは
  • ゆる~い練習のおすすめポイント
  • ゆる~い練習の内容

なんとなくフルマラソンに応募したので練習に身が入らない人や、ハードな練習で疲れが溜まっている人の参考になれば幸いです。

ゆる~い練習とは

すべての行動がフルマラソンの練習につながると考える、超絶ポジティブ理論です。某お笑いコンビのカロリーゼロ理論に近いものがあります。ダルい・やる気がなくても練習することができます。

どんな人に向いているのか

なんとなく完走を目指している方で、練習に身が入らない人やハードな練習で疲れている人に向いています。とてもゆる~い練習なので、目標タイムのある方には向いていません。

ゆる~い練習で完走できるの?

完走できると断言はできません。なぜなら人によって体力は違いますし、大会によって制限時間も違います。しかしゆる~い練習は、しっかりとした練習の入口でもあるので、後々しっかりとした練習につなげていけば、より完走できる可能性は高まります。
ここで言うしっかりとした練習とは「練習で30kmを走る」、「月間100km走る」、「3時間は走り続ける」などの一般的なフルマラソン練習を指しています。

【参考】フルマラソン制限時間別の完走ペース

フルマラソン大会の制限時間別に完走ペース(1km、1m、1歩、1分あたり)を紹介します。ペースから考えると、歩くスピードより少し早くても完走できることがわかります。

1歩は60cmで算出しています。

参考記事

厚生労働省 身体活動・運動 イ 日常生活における歩数の増加

5時間半

一般的にフルマラソン大会で多い制限時間です。

  • 1kmあたり約7分49秒
  • 1mあたり約0.4秒
  • 1歩あたり約0.2秒
  • 1分あたり約128m

7時間

都市型のフルマラソン大会で多い制限時間です。

  • 1kmあたり約9分57秒
  • 1mあたり約0.5秒
  • 1歩あたり約0.3秒
  • 1分あたり約101m

ゆる~い練習のおすすめポイント

ゆる~い練習のおすすめポイントは3つあります。

  • 誰でもできる
  • 無理なくできる
  • 簡単にできる

ゆる~いので、練習がダルい・やる気がなくても大丈夫です。

誰でもできる

すべての行動がフルマラソンの練習につながるので、誰でもできます。

無理なくできる

自分で決めた範囲でやるので、無理なくできます。

簡単にできる

考え方ひとつで練習になるので、とても簡単です。

ゆる~い練習の内容

ゆる~い練習の一例を紹介します。ゆる~い練習はすべての行動がフルマラソンの練習につながる考え方なので、ここで紹介した以外でも自分が練習と思えば、それは練習になります。

道具を買う

道具を買うのが練習なのか!と言われてしまいそうですが、私は練習と考えています。道具を買うとき、走っている自分を想像しながら買いますよね。

それはイメージトレーニングと一緒です。イメージトレーニングのよいところは体に負担をかけずに、モチベーションを上げることができるところです。

練習がダルい・やる気がない人は、まず道具を買うことから始めてみましょう。

走る格好で近くまで歩く

ウェアやシューズを着用して近くまで歩いてみましょう。いつもと違った感覚でとっても気持ちがよいものです。
ランニング練習と言っても、走ることにこだわる必要はありません。歩くことは走ることの前段階、ウォーミングアップのようなものです。ウォーミングアップをおろそかにすると、体を痛めてしまう恐れがあるので、歩くことも大切な練習と考えられます。

休養する

休養も大事な練習です。そもそもダルい・やる気がないのは、体が疲れている証拠です。そんなときに無理してランニングすると体を壊してしまいます。寝るもよし、趣味に没頭するもよし、しっかり休養をとりましょう。

おいしいものを食べる

食べることは健全なからだ作りにとても大切です。それがおいしいものであれば、心も満たされて充実します。からだ作りはフルマラソン練習の基礎中の基礎です。おいしいものを食べることは、フルマラソンのために欠かせない練習と考えられます。

観光する

景色のより海辺、緑のあふれる公園、美しい街並み、いつもと違う風景を見ながらランニングやウォーキングをすると気持ちがリフレッシュします。観光は心をリフレッシュさせるトレーニングです。

まとめ

ゆる~い練習はダルい・やる気がないときだけでなく、練習で疲れている人のリフレッシュや、初めてフルマラソンに挑戦する人の練習の取り掛かりにできます。

走ることばかりに囚われると、とてもしんどいものです。ゆる~い練習をきっかけに、もっと楽しくフルマラソンやランニングに挑戦・継続しましょう。