メガネランナーが不快感を抱かずにランニングできる方法7選

メガネランナーの人は「メガネが邪魔だなぁ」と思った経験はありませんか?

  • メガネのズレが気になってしまう
  • 汗が溜まって気持ち悪い
  • ただの荷物でしかない

こういった悩みを持つ人も少なくありません。メガネランナーにとって、快適なランニングは永遠のテーマです。

そこで今回は、メガネをかけていても快適にランニングできる方法を紹介していきます。

1.まずは自分のメガネをチェックしてみよう

自分自身がかけているメガネも、調整をすれば快適になることもあります。おすすめは、購入したメガネ屋さんで調節してもらう方法です。

相手もメガネのプロなので、フィットする調整には慣れています。まずはランニングがしたいという旨を伝えてください。スタッフがずれないように調整をしてくれます。

ただし、場合によってはランニングに向かないメガネもあります。そういった場合は、後ほど紹介するメガネグッズやスポーツメガネを試してみてください。

2.メガネロックでずれるのを防ぐ

画像出展元:https://www.amazon.co.jp

画像出展元:https://www.amazon.co.jp

メガネロックは、メガネの「つる部分」に取り付けるメガネ用品です。ロックが耳の裏に固定されるので運動をしてもズレにくいです。

メガネロックのおすすめポイント

  • 目立ちにくいので日常でも使える
  • ランニング程度ならほとんどズレない
  • シリコン製なので耳への負担も少ない

メガネロックを使えば、ランニング中のズレは解消されます。お気に入りのメガネで思い切り走りたい人におすすめです。

3.度付きのスポーツサングラスをかける

度付きのスポーツサングラスは、メガネランナーの多くが愛用しているアイテムです。

マラソンの中継などを観ても、スポーツサングラスをかけて走っているランナーが多いです。通常のメガネよりも機能性が高いので、ランニング経験が長い人は購入して損はないと思います。

スポーツサングラスのおすすめポイント

  • スポーツ専用なのでズレにくい
  • 日光をシャットアウト
  • かっこいい
  • 瞳が見えないので疲れを隠せる

スポーツサングラスを使用しているランナーはかっこいいですよね。お気に入りのデザインを見つけて、ランニングを楽しんでみてください。

4.コンタクトレンズで不快感ゼロに

メガネをやめてコンタクトレンズを着用するという手もあります。コンタクトレンズはスポーツをする人にとってのメリットが大きいです。

コンタクトレンズのおすすめポイント

  • 裸眼の人と同じように走れる
  • メガネの心配をしなくて済む
  • 日常生活も快適になる

上記のように快適なランニング生活を送れるようになります。

最初は慣れないかもしれませんが、何度かランニングを重ねるうちに慣れるでしょう。コンタクトにした人は「もうメガネに戻れない」という人もいるほど。

メガネにこだわりがないという人であれば、コンタクトレンズは非常におすすめです。

ただし、いきなり大会で使用すると不具合などが起こる場合があります。十分に慣れてから使用するようにしてください。

5.スポーツバンドでしっかりと固定する

画像出展元:https://www.amazon.co.jp

メガネをかけてバリバリ走りたいという人には、「スポーツバンド」がおすすめです。メガネのつる同士をバンドで結んで頭とメガネをがっちり固定する方法になります。

スポーツバンドのおすすめポイント

  • メガネロックよりもズレにくい
  • 激しい運動にも対応
  • 愛用のメガネで走れる

お気に入りのメガネがある人や、どうしてもメガネで走りたい人はスポーツバンドを利用してみてください。

6.レーシック手術で快適な裸眼生活を取り戻す

視力回復のために、レーシック手術をする人も増えてきました。昔は限られた人しか施術していませんでしたが、最近は会社員や主婦、学生なども気軽に受けています。

安全性も確率され、ほぼ全ての合併症に対応できる管理体制も整っています。

レーシック手術のおすすめポイント

  • 裸眼になる
  • コンタクトも着用しなくて良い
  • メガネやコンタクトに対する心配がなくなる

最大のメリットは「裸眼になる」ということです。メガネやコンタクトについて考えることはいりません。ランニングだけでなく、日常生活もガラッと変わるので人生も快適になるでしょう。

ただし、手術する医院によって技術や設備が異なるので、慎重に選んでから決断をするようにしましょう。

7.ICL(眼内コンタクトレンズ)で視力を回復する

ICL(眼内コンタクトレンズ)を、目の中に移植する方法でも視力が回復できます。レーシック手術とは違い、角膜を削らずに施術を行います。

ICLはこんな人におすすめ

  • 角膜が薄い
  • 強度の近視
  • 円錐角膜

上記の理由でレーシック手術が受けれない人も多いです。レーシック手術が不適合の人や、角膜を削るのに抵抗がある人は、ICL(眼内コンタクトレンズ)がおすすめです。

だだし、ICLとレーシックにはそれぞれ、メリット、デメリットがあります。十分に下調べをしながら検討をしてみてください。

まとめ

メガネランナーが快適にランニングするための方法を解説してきました。グッズを使用する方法や視力を回復する方法など自分に合ったものを選んでみてください。

おすすめの手順は以下の通り。

  1. 自分のメガネをチェック
  2. メガネグッズを利用してみる
  3. 視力回復の方法を試してみる

上から順に試してみて、快適なランニングの方法を探っていきましょう。

それでは、今回の記事を参考にメガネランナー生活を送ってみてください。

コメント