内容修正 ランニングを毎日すると逆効果?効果を最大にする頻度とは

※効果を最大にする頻度について書かれていません。目的別(ダイエット目的、フルマラソン完走目的)で頻度は違うのか?

これからランニングを始めてみよう、と思っている人もいるでしょう。

  • 毎日ランニングしようと思っている
  • ランニングは毎日走るべき?

こういった考えの人も少なくありません。ランニングは健康には良いと言われていますが、具体的な方法や効果は知らない人が多いです。

そこで今回は、毎日ランニングをしようと考えている人向けに方法や効果を紹介していきます。

ランニング初心者は1日おきに走るのがベストな3つの理由

毎日ランニングすることは良いことだと思われがちですが、初心者にはおすすめできません。

結論から申しますと、ランニング初心者は1日おきに走った方がより効果的。逆に毎日ランニングをするデメリットの方が大きいです。。

なぜ、1日おきにランニングをした方が良いのか、詳しく解説をしていきます。

挫折しにくく習慣化しやすい

マラソン初心者の多くが、意気込んで「明日から毎日走るぞ」とやる気を見せますが、長続きする人はそう多くありません。

初心者にとって毎日ランニングをすることはハードルが高く、三日坊主で諦めてしまったり、疲れすぎて仕事に支障をきたしたりする人もいます。

こんな経験したことありませんか?

  • ダイエットすると意気込んでいきなりご飯を減らすが三日坊主
  • 毎日やると決めたけど3日と続かない

物事は継続することに意味があるので、休む期間を設けてランニングをする方が現実的。1日おきに走ることで、疲労も溜まりにくく挫折をしにくいです。

超回復で筋力がアップできる

「超回復」という言葉を聞いたことはありませんか?

「超回復」とは、運動後の筋肉に休息を与え、筋肉を増強させる方法です。ランニングは休息をしないと、筋肉の破壊だけを繰り返すだけの行為なり、思った通りの成果が得られません。

「休む=悪い」ことではなく、効率よく体を引き締める良いことだと認識してください。

目安としては、筋肉痛があるうちは休息期間にして、治ったらランニングを再開するのがおすすめ。最初は休息期間が長くなりますが、続けていくうちに体が慣れ、1日おきのランニングができるようになります。

走りすぎは怪我の原因になる

毎日走っていたら、足が痛くなった、怪我をしてしまった、という声もあります。

毎日ランニングをする継続力は素晴らしいですが、初心者は怪我や事故の原因になりかねません。

体ができていない期間に走り過ぎると、足に負担がかかり痛めてしまう人も多いです。結果、ランニングを継続するという目標も達成できません。

プロの長距離ランナーでも休息期間を設けているので、初心者がいきなり毎日ランニングをするのは現実的ではないでしょう。

仮に毎日走りたいのであれば、数ヶ月間は1日おきで走ってみて、体が出来上がってから挑戦してみてください。

ランニング中級者や上級者は毎日走ったほうが良い?

※情報追加

走らない日の過ごし方

※情報追加

コメント