【プロトレーナー直伝】ジョギング初心者に知ってほしい”かっこいいジョガー”になるための6つの提案

「走る」楽しみ方は人それぞれです。フルマラソンの自己ベスト記録を伸ばすことに喜びを感じる人、100kmマラソンの完走を目標に頑張っているランナーなど様々です。健康のために走りたい、ダイエットのために走るという方々もいます。

「ジョギング」も楽しみ方の一つです。ジョギングは走ること自体を楽しみます。目的を持たず楽しむジョギングは気持ちのゆとりをもたらします。何にでも目標やノルマを作りたがる人が多い中で、楽しむためだけにジョギングを始めても良いのではないでしょうか?

この記事は楽しく走るジョギングを提案しています。

ジョギングって何?

ジョギングの気楽で楽しいイメージを膨らませていきましょう。

  1. 曖昧な定義
  2. ジョギングの魅力

1.曖昧な定義

「ランニング」と「ジョギング」の違いに明確な定義はありません。いろいろな人がいろいろな定義を自由に語っています。

走るペースによって分類する試みもありますが、上級者ランナーは1km6分ペースはゆっくりのジョギングですが、初心者は1km6分で走ると100mで息が切れてしまうかも知れません。ジョギングのペースは人それぞれです。

辞書で「ジョギング」を調べてみました。

ジョギング【jogging】

ゆっくり走ること。競走前のウォーミング━アップ、気分転換や健康のために行われる。

引用元 三省堂大辞林

2.ジョギングの魅力

ジョギングの魅力はたくさんあります。その一部を紹介します。

1)気持ちが良い

ジョギングは気持ちが良いです。気持ちの良いペースで走るのがジョギングです。他の人のペースは気にする必要がありません。急ぐ必要はありませんがジョギングは歩くときとは少し違った景色にが見えます。

2)ゆとりがあるという優越感

ジョギングをすることで少し優越感を味わえます。ゆとりを感じる優越感です。

  • ちょっと健康的なことをしている
  • ゆとりのある時間の過ごし方をしている
  • 自然の中に身をおき自然を感じている

3)心地よい疲労感

ジョギングをすると少し疲れます。ヘトヘトになるまで走る必要はありません。頑張ることを楽しく感じる人もいますが、ジョガーは少し物足りない位で止めておきましょう。頑張らないのがジョギングです。

4)一人でも仲間でもできる

ジョギングは一人で気楽に始められ一人で楽しむことができるもの魅力です。慣れてきたらジョギングを楽しむ仲間と一緒に走るのも楽しいです。一番走力のあるジョガーが一番走力のないジョガーに合わせてペースを作ります。仲間で楽しくおしゃべりをしながらジョギングを楽しみましょう。

5)知らずのうちに健康になっている

適度な運動は身体を健康にします。ゆとりのある時間は心を健康にします。ジョギングは心身を健康にしてくれます。無理に走る頻度を決めなくても良いです。気が向いたときに走るのがジョギングです。三日坊主で止めても気にしません。そもそも毎日走る必要はありません。

ジョギングを始めてみよう

ジョギングをしてみたくなったでしょうか?その気持ちでジョギングを始めてみましょう

  1. 格好なんて動きやすければ何でも良い
  2. 天気の良い日に外にでてみよう
  3. 近くに走りやすい場所があれば行ってみる
  4. 最初は歩きから
  5. ちょっとだけ走ってみよう
  6. 決して頑張らない
  7. 三日坊主でも気にしない

1.格好なんて動きやすければ何でも良い

ジョギングは始めるスタイルも自由です。形から入る人はジョギングに必要なものを揃えてみましょう
・ランニングシューズ
・ランニングウエア
・サングラスなどの小物
です。

最初からいろいろと揃えるのはハードルが高いと感じる方は身近にあるもので始めましょう
・靴箱にあるスニーカー
・普段着のスエット上下
これだけでジョギングは始められます。

2.天気の良い日に外に出てみよう

天気予報を見て天気の良い日を探しましょう。初春、晩秋、冬は昼間が気持ちよく走れます。夏、初秋、晩春は朝か夕方が暑くなくて良いです。今が丁度良い気候なら、準備をして外に出てみましょう。

3.近くに走りやすい場所があれば行ってみる

ジョギングを楽しむにはコースは大切です。車やバイクが多い路地は走り難いです。大きな通りの歩道も自転車や歩行者とのすれ違いがストレスになります。近所の人の目が気になって恥ずかしいと思う方は少し離れた場所まで行ってみましょう。

大きな川の河川敷、大きな公園のランニングコースがジョギングには良いです。少し離れたところに走りやすそうな場所があれば、歩いていったり、自転車で行ってみましょう。

形から入る人は有名なランニングコースまで電車や自動車でいって走るのも良いです。ジョグノートはランナーがお気に入りのコースをアップしているのが参考になります。

ジョグノート

4.最初は歩きから

ジョギングを楽しめそうな場所についたら周りの景色を楽しみながら歩いてみましょう。ウォーミングアップ代わりです。準備体操をすれば身体がほぐれて良いのですが、面倒なら省略して構いません。

5.ちょっとだけゆっくり走ってみよう

周りの雰囲気にも慣れて、ウォーキングで身体がほぐれてきたら、ちょっとだけ走ってみましょうペースはゆっくり。早歩きと同じくらいでOKです。3分間位走ったらウォーキングに戻します。最初は特に無理をしないでジョギングに身体を慣らしていきます。

6.決して頑張らない

ジョギングとウォーキングを繰り返して更に身体が温まったら、少しジョギングの時間を伸ばしていきましょう。決して無理はしないでジョギングを楽しみましょう。少し物足りない位でジョギングを終らすのが丁度良いです

7.三日坊主でも気にしない

ジョギングは走ることに目的がある訳ではないので継続する必要はありません。気が向いたときに気持ちよく走るのがジョギングです。ですので三日坊主なんて言葉はジョギングに当てはまりません。

かっこいいジョガーになるジョギングスタイルの提案

ジョギングは自分のスタイルで楽しみながらゆっくり走れば良いのですが、カッコいいジョガーになるための提案をしてみました

  1. 自分のスタイルで
  2. やはりシューズは良いものを
  3. ウエアのコーディネートも自分流で
  4. お気に入りのコースを増やしてゆく
  5. 音楽はオプション
  6. 季節を楽しむ

1.自分のスタイルで

自分のスタイルでジョギングを楽しむのがカッコいいです。周りのペースに惑わされず、自分のペースで自分の世界を楽しみながらジョギングをしましょう。

2.やはりシューズは良いものを

最初はスニーカーでも良いのですが「ジョギングを続けていきないな」と感じたらランニングシューズの購入をおすすめします。ランニング用品を多く取り揃えているスポーツ用品店で店員さんに「ランニング初心者で楽しくジョギングをしたいです」と言えばシューズを選んでくれます。

楽しく走るので足にあった好きなカラーのシューズが見つかると良いです。機能を重視する場合はカラーは二の次ですが、楽しく走るならカラーは大切な要素です。

3.ウエアのコーディネートも自分流で

ウエアのコーディネートもかっこいいジョガーの条件です。ランニングメーカーのウエアを上下で決めるのも良いのでが、気に入ったものを組み合わせて自分らしさを出すのもカッコいいジョガーです。

ユニクロ、GU、GAPのものを組み合わせてカッコいいコーディネートをしているジョガーもたくさんいます。

4.お気に入りのコースを増やしてゆく

お気に入りのコースができるとジョギングも楽しくなります。曜日や時間帯によってコースの人の数や走りやすさは変わってきます。朝が得意な人は朝に走るのが爽やかで良いです。

5.音楽はオプション

ジョギングを楽しむジョガーの中でも音楽を聴く派と聴かない派に分かれます。聴く派は音楽に乗ってジョギングをするのが気持ち良いと言います。聴かない派は周りの景色、街の音を聞きながら走るのが気持ち良いと言います。

どちらでも好きな方を選んでジョギングを楽しめば良いのです。スマホなどの音楽プレーヤーを持っていき気分次第で聴いたり、聴かなかったり選択するのも自由です。但し、音楽を聴いて自分の世界に入ると周りの音が聞えなくなるので、音楽を聴いて走るのは安全に走れる場所にした方が良いです。

6.季節を楽しむ

ジョギングは季節を感じながら楽しめます。春や秋の気候が良い日は間違いなくジョギングを楽しめます。冬の寒さも夏の暑さも楽しむことができるならジョギングに出てみましょう。無理をする必要はありません。暑すぎる日、寒すぎる日は家で過ごせば良いのです。

ジョギングのその先に

ジョギングを楽しめるようになると楽しさが広がっていきます。

いろいろな場所を走ってみよう

ジョギングを楽しめる場所はあちこちにあります。ジョギングを楽しめる場所を探すのもジョギングの楽しみの一つです。家の近所の意外な場所に快適なコースがあったりもします。やはり大きな川の河川敷や大きな公園のランニングコースはおすすめです。

走れる距離が伸びるのを楽しむ

無理をしないでもジョギングに慣れてくれば楽に走れる距離が伸びてきます。自然に走れる距離が伸びれば楽しい時間が長くなります

ウエア、グッズを揃えるのも楽しい

ウエアやグッズを新しく購入すると走ってみたくなります。数が増えるとコーディネートの幅も広がります。ジョギングを自分を魅せる場にするのもジョギングの楽しみの一つです。

もっと速く走りたくなったら

もっと速く走ること、頑張ってタイムアップすることに気持ちが向いてくることもあります。そんなときは少しペースを上げてみましょう。ジョガーからランナーになります。ジョガーの日とランナーの日を分けても良いのです。ランニングを楽しむ方法はいろいろです。

まとめ

ジョギングの楽しみ方を提案してきました。ランニングの楽しみ方はランナーそれぞれです。頑張ることに楽しみを覚えるランナーが多いのですが、ゆっくり走ることを楽しむジョガーがいても良いです。走ることを自由に楽しんでいきましょう。

The following two tabs change content below.
しゅうぞう

しゅうぞう

現役のランニングインストラクターです。パーソナルで教えたランナーは400人以上、レッスン時間は約2000時間になります。週2回のグループレッスンも担当。ランニング学会会員です。ランナー、ランニングインストラクターとしての経験を記事に発信します。自己ベストタイムはフルマラソン2時間57分30秒(2016年)、ハーフマラソン1時間22分3秒(2018年)。